健やかな毎日のためのお手伝い


by sennrioka

疲れの種類

「こんにちは」
中本整骨鍼灸院の中本です!

いつもブログを読んでいただきまして
“ありがとうございます”

今回は“疲れの種類”についてのお話です。

疲れたとき、皆さんはどんな言葉を使ってますか?

あーしんど~

グッタリ

疲れた~

へとへと

などなど・・・・・・・・・・・

いろんな表現がありますが

私の院では患者さんのお話を聞いて
2種類に分けています。

一つは
運動や肉体労働などで筋肉を使い過ぎて
おこる疲れ。
これを末梢性の疲労といいます

もう一つは
ストレスや精神的な緊張などが原因で
おこる疲れ。

例えば
友人の結婚式の司会を頼まれて
式が終わってから一気に疲れが出る
な~んてヤツです

これは、中枢性の疲労といいます。
あと、受験勉強や、不眠症なんかもそうですね。

つまり、
中枢性疲労は頭(脳)の疲れ

末梢性疲労はそれ以外の疲れです


ここを見分けないと、治療の効果は半減します!

ストレスによる疲れなのに筋肉へのマッサージだけで治療しますと
確かに気持ちはいいのですが
その時だけになり・・・
   ↓
おうちに帰る頃には・・・
   ↓
また、もとの状態に戻ってしまいます。

そうならないためには、プラスαの治療、

中枢性(脳)の疲労に対する
アプローチが不可欠になります!


それって、どんな方法・・・・・(ご来院してお確かめください^^)

まずは、患者さんの言葉や表情などで
どこの疲れかを見極める必要があります。


          “疲れの種類”もう少し続けます・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まとめ

疲れには中枢性(頭)と末梢性(頭意外)の2種類がある

また、それぞれは治療の方法も、チョッとチガウ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきまして
「ありがとうございます」
        
                   中本

当院での治療のお申し込み、ご相談は

フリーダイヤル0120-075-907

中本整骨鍼まで
[PR]
by sennrioka | 2009-01-30 22:26 | 知っていましたか?