「ほっ」と。キャンペーン

健やかな毎日のためのお手伝い


by sennrioka

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは、中本整骨鍼灸院の中本です

今回もご拝読いただきありがとうございます。

中本整骨鍼灸院の得意!?その3(前編)のつづき

前編では筋肉疲労の仕組み
【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態が続くと
筋肉が酸化して疲労の症状を出す、

そして、その状態で必要以上の運動や仕事をしたとしたら
どうなるでしょう!?


でしたが、今回はその続きです。

2.負傷した原因の解明(後編)

筋肉は太い“ゴム”の様なものです。
もっと詳しく表現すると
“細いゴムの束”と思ってください。

普段私達が使っている輪ゴムを想像してください・・・

風雨にさらされた輪ゴムは、日がたつにつれ
硬くなり、黒くなり、もろくなります。←これを酸化といいます

「強く引っ張ると、パチン!といって切れてしまいます」


私たちの筋肉も
【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態が続くと
酸化が進み硬くなり、もろくなります。

やはり「強く引っ張ると、パチン!とはいいませんが
“ブチブチブチ”(←※イメージです)といって切れてしまいます」

ちょうどストリングチーズ(裂けるチーズ)のような感じです。

裂ける量にもよりますが、痛いです


普段そうならないのは、常に血が巡り酸化を防ぎ、補修、潤いを与えているからです。
普段というのは【筋肉を使うことによる疲労=回復力】の状態のこと。

続けます。
実は、なりやすいけど、治りやすい場所と
なりにくいけど、治りにくい場所があるのです。


なりやすいけど、治りやすい場所は
筋肉の真ん中あたり。
たくさん仕事をする場所なので壊れやすいけど
血行が良い場所なので、早く修復します。

それに対して
なりにくいけど、治りにくい場所とは
筋肉の両端です、通称“腱”とも呼ばれています。
この部分は血管が少なく修復が遅く、
いつまでも痛いです。
          ↑
    問題はこの部分!

この部分が壊れるのは、
1.十分な準備体操をせずに、トレーニングを行った時
2.疲労を残したまま繰り返しトレーニングを行った時
3.初期の痛みを無視してトレーニングを行った時
※初期の痛みとは張りやダルミなど
4.シューズや、道具の選択を間違ってトレーニングを行った時

1.十分な準備体操・・・とは、
 アップストレッチのことです。
 この二つは体温を上げ、筋肉の血行をよくして
 運動に必要なだけの伸縮性を作ります。
 最低15分は必要です。
 これは基本中の基本で、皆さん知ってるはずです!
 (でも、・・・知っててもしないだよな~^^;)

2..疲労を残したまま繰り返す・・・は、
  運動継続年数と年齢・性別にもよりますが
  運動継続年数が浅く、年齢が高いほど時間をかけて休みます
           ↓
  ★48~72時間は休ませて下さい
  ※ただし、何もせず休むのではなく、ウォーキングやストレッチなどは
   続けるのがベストです。

  ●食事による積極的疲労回復・
  ●マッサージ鍼灸治療による疲労回復
  ●お風呂による疲労回復
  
  などもありますがこれについては、別の機会を見つけてお話します。

3.初期の痛みを無視して・・・は、
 ダルミや軽い痛み、筋肉の張りは、
自分のくせや、筋力、持久力を測る絶好のチャンスです!
 ウィークポイントになっている部分を計画的に修正することが出来る
 大事な気付きなのです。
 
 この部分を、気付きとして捉えるのか、無視するのかでは
 後で大きな差になってきます。

4.シューズや、道具の選択を間違って・・・は、
 ここの選択は、基本的には
 ★自分の目的に合ったもの
 ★自分の体に合ったもの
  です。
 わからない方は、大手スポーツ用具店でアドバイスしていただくのが一番です!
 ( 個人的には梅田阪急イングスのシューフィッターの方が、とても“親切”でした^v^b)

 ありがちな過ちは、流行や値段で決めたり、
 無知な店員さんの勧めで買った場合です。
 (私もここで大きな間違いをして、ひどい目にあいました><、)

以上の四つが大きな原因です。このほかにもたくさんあると思いますが
私の経験上、四つのうちどこかに原因があります。

ちなみに私、中本は四つ全てに当てはまりました^^;
当然ですが
“痛い目に”あいました><。

私は自分の痛みが治ったときに思いました、

千里丘の皆様の中で、私と同じような筋肉疲労が原因で
苦しんでいる方がいるはずだ、

それがマラソンだけでなく
お仕事や、家事・育児でも
毎日辛い思いをしている人が必ずいる

そんな方々に、私の経験から生まれた
“治療”  “ノウハウ”を提供することで
回復のお手伝いが出来ないものかと・・・           つづく


長文にもかかわらず最後まで
読んでいただきまして“ありがとうございます”


中本整骨鍼灸院      中本
[PR]
by sennrioka | 2008-10-31 22:54 | 治療
こんにちは、中本整骨鍼灸院の中本です

いつもご拝読いただきまして、ありがとうございます。

【アナタの“腰や脚の筋肉は”頑張りすぎていませんか?】
普段は事務仕事や家事ばかりの お父さんやお母さん!
この時期、お子さんの運動会、行楽などでチョッと無理したり
爽やかな季候に誘われて いつもよりたくさん歩いたりしていませんか?

日頃から運動や、ストレッチをしている方なら大丈夫だと思いますが
そうでない方は筋肉痛でつらい思いをしながら
翌日のお仕事や家事をされているのではないでしょうか?

この筋肉痛、実は筋肉が治ろうとしているときに
出てくる痛みなのです!

もちろん
転んで筋が切れたり打ち身などの痛みも
あるとは思いますが、転びもせず、
ぶつかったりもしていないのに痛みがある方・・・


それは、「頑張りすぎた筋肉が治ろう」と
しているのです!

そんな時は!?
◎ 手で痛みのある場所を触ってみて、赤みや熱がある時はお風呂で温めるのはやめて
  氷嚢などで冷やしたり、冷湿布などを試してください。

◎ 赤みや熱もないけど、歩いたり、関節を曲げると痛いという時は、少しぬるめの
   お風呂にゆっくり入り、腰の場合なら横向きで寝る、脚や膝の場合なら少し脚を高くして
   寝ることをお勧めします。

◎ 動かすのも歩くのも大丈夫だけど、なんだか痛いという時は、少し熱めのお風呂に
  サッと入り、ストレッチをしっかりしてみてください。

意外と効く食べ物
★梅干、酢の物、柑橘類(レモンやみかんなど)
 筋肉の疲労の元は、運動することによって溜まりすぎた“乳酸”です。
 これを筋肉の 中から取り除いてくれるのがクエン酸です。梅干や酢、柑橘類などには
 たくさん含まれています。

★タンパク質(肉・魚・大豆製品)
 筋肉の補修の材料になっているのは、タンパク質です!いざ補修する時に材料が 
 足りなければなかなか治りません。
 しかし、 
 お肉などは食べ過ぎると肥満の原因に なるので食べすぎには注意してください!

それでも治らない時は!?
筋肉痛が4~6日しても治らない時は、
筋肉やその他の部分にかなり強めのダメージがある場合です。
そんな時は、お近くの医療機関か、中本整骨鍼灸院にご相談ください。

中本整骨鍼灸院0120-075-907
[PR]
by sennrioka | 2008-10-15 21:01 | 治療
「こんにちは」中本整骨鍼灸院の中本です

今回も、ご拝読いただきまして“ありがとうございます”

中本整骨鍼灸院の得意シリーズもいよいよ3回目になりました!

前回は
“自分の現時点での能力を把握すること”は大事で
そこがわかってないと、
「筋肉の疲労の限界を超えて、症状をだすのですよ」><;
と、いうお話でした。

「えっ!@@そんな話、知らない」という方は
少し前のブログを見ていただければありがたいです。

今回は、
2.負傷した原因の解明(前編)です
※今回は、チョッとだけ専門的な内容が出てきますが、
 よろしくお願いいたします。

マラソン大会に出場される場合、
それが、10kmでも、ハーフでもフルでも
必ず、練習すると思うのですが・・・

その際は、どうしても
筋肉疲労が発生します

この“筋肉疲労”っていったいどんな状態か考えたことがありますか?

「知るわけないじゃん!」と、突っ込まれそうですが
知らないより、知ってる方が絶対役に立ちます!!!!!

我々の筋肉は、
マラソンやそれ以外のスポーツだけでなく
どんな、ささいな使い方でも疲労の
仕組みというのは働いています。

では、その仕組みとは・・・

筋肉は関節を動かしたり、その姿勢を維持したりするために
“収縮”という作業をします
      ↓
この作業を連続して行うことで、
スポーツや、お仕事などができるわけなのです。
      ↓
この時に筋肉のエネルギーとなっているのが
糖質です!
(この糖質は血液の中だけでなく、いろんなところに形を変えて蓄えられています)
      ↓

この糖質が動脈血という血液の中に含まれていて筋肉に
運ばれ→使われて“収縮”が起こるわけです
      ↓
しかし、この糖質が燃える時に“乳酸”というものも一緒に
できてしまいます^^;
      ↓
この“乳酸”は筋肉の中ではあんまり必要のなものでないので
静脈やリンパ
という血管で体外に排泄されたり、体内でリサイクルされたりします。
      ↓
これが、血液循環です
これを、
車などのエンジンに例えますと

まず、ガソリンタンク(心臓)という燃料庫から
      ↓
バルブ(動脈)という管で運ばれて
      ↓
エンジン内(筋肉)のシリンダーの中に希釈して入り
ピストンで圧縮されて、さらにプラグで発火
そして、爆発→ピストンを動かしカムに伝えて
動力(運動)となり車は走り出すのです
      ↓
その時にエンジンからは動力以外に
熱(体温)、音(これは人間には無い)、
排気ガス(乳酸)が発生します
      ↓
それを、ラジエーター(発汗)や、マフラー(静脈・リンパ)で排出します
(女性にはチョッとわかりにくかったですかね・・・^^;スイマセン)



この、行程が順調に行われている時は
【筋肉を使うことによる疲労=回復力】の状態です

しかし、
筋肉を使いすぎると=(エネルギーをいっぱい使った)
【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態になります

また、いつもの使用量でも
何らかの理由で回復力が弱っていると=(静脈やリンパの働きが悪くなる)
やはり、【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態になります

すると、
本来は筋肉の中で蓄積されないはずの乳酸が
ドンドン溜まってゆきます。

ここで注目してほしいのは“乳酸”という漢字の
“酸”という字です!

人間の身体は、
皮膚や胃、腸などを除けば、弱アルカリ性なのです。
筋肉も弱アルカリ性の状態であるのがベストなのです!

【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態が続けば
乳酸という酸が溜まり続け“酸化”が始まるのです。

       
この状態こそが“筋肉疲労”なのです

筋肉疲労=酸化

さて、筋肉が酸化って言っても、
ピンとこないかもしれませんが
野菜なら腐る、鉄ならさびる
などと同じようなもの思っていただいていいでしょう
あんまり良くないですね^^;

人間の筋肉は酸化すると硬くなるのです
と同時に、もろくなるのです!

では、そんな状態で必要以上の運動や仕事をしたとしたら
どうなるでしょう・・・?
 (オ・・・・コワ)>m<;              つづく

注、乳酸は弱アルカリ性の筋肉の中で蓄積されるのは好ましくないのですが
  酸性の腸の中では好ましいものとされています。
  また、最近の研究では乳酸そのものが悪いのではなく、乳酸から発生する
  水素イオンが酸化の原因と書いている文献もあります。

またまた、長い文章になってしまいましたが
最後まで読んでいただきまして“ありがとうございます”

                          中本
[PR]
by sennrioka | 2008-10-03 22:49 | 知っていましたか?