健やかな毎日のためのお手伝い


by sennrioka

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東日本大震災にて亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、
まだ安否不明の方や救助を待つ大多数の方々の命が一刻も早く
救われることをお祈りします。

こんにちは
中本整骨鍼灸院の中本です。

連日報道されている、特別番組を見て
改めて被害の大きさに驚いています。

「何か、お手伝いをさせて頂きたい
 でも、何をすればいいかわからない」

と思われている方は、コンビニの募金箱に
思いを込めて募金をしてみてはいかがでしょうか。

一人一人は小さな協力ですが、
日本中が、世界中が協力すれば
大きな協力になると思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
      
        お知らせ

3月19日(土)の午前の診療は
お休みさせていただきます。

ご了承お願い致します。

尚、午後からの予約診療は通常どうりです
※12:00~4:00まで
是非!ご利用下さい。


****************************************
患者様からの声 その2
「先生、原因がわからないんですけど」

3回目 「姿勢」後編

中篇のおさらい

我々の身体を“長~い棒”にたとえると
その前後左右で支えているのが筋肉です。

地面から垂直に立っている場合は
支えている力は小さくても大丈夫ですが
傾いたままで支え続けるのは大変です!

というお話でした。


今回はもう少しわかりやすく説明します。

c0176536_1711830.jpg


仮に、
大きなリンゴ
頭の上に持ち上げるとしましょう。
(こんな大きなリンゴはありえないのですが
 あくまでも“仮に”です(^_^;))

頭上に向かって
“出来るだけ真っ直ぐに”
持ち上げているのは
以外にたやすいものです。

c0176536_17215752.jpg


しかし、
真っ直ぐに持ち上げるのではなく
斜め45度で持ち上げているとしたら
いかがでしょう?

5秒や10秒なら
真上も斜めもあまり変わらないでしょうが

これが、30秒→1分→5分続けば
斜めに持ち上げている方が
たくさんの力が必要になります。

つまり、同じ重さのものを持ち上げるのでも
垂直に持ち上げるより
斜めに持ち上げるほうが
“疲れる”ということです。

これは、頭と首・肩

腰と上半身
との関係も同じことです。

頭の重さは体重の8%
つまり、62Kgの私なら
約5Kgです。

実は、
スイカより重いのです。

それを支えているのが
頭から背中に伸びている筋肉です。


猫背や前かがみでの作業・デスクワークなどは
横になっていないかぎり
常に5Kg前後の頭を
斜め前で
支え続けているのです。

「大変ですね(ToT)」

最後に、
もう一つたとえ話をします。

あなたは、崖の少し離れたところに立っています

そして、あなたは後ろ向きに崖に向かって歩き出します

あなたは決して後ろを確認しようとしません。

周りにいる人は、あなたを見て
「危ない!
       止まれ!!」


と注意しています。

しかし、あなたは止まろうとしません
“心の中で「まだ大丈夫だろう」と思い”
後に歩き続けます。


しかし、「大丈夫だろう」と思った瞬間
崖から落ちてしまうかもしれません・・・


私達の身体の中でも
自分自身の「姿勢」に気づいていないと同じことが起こります

大きな症状が出るまでに
筋肉は「ダルイ!疲れた!」とあなたに警告を出しています。

どうか、身体の声には
“耳を傾けるようにして下さい”


被災されている方も、救助に向かわれている方も
また、ボランティアの皆様も
無理に無理を重ねて体調を崩さないようお気をつけ下さい。

少し長い文章になりましたが
最後までお付き合いいただきまして「ありがとうございます」

                        中本
[PR]
by sennrioka | 2011-03-16 19:33