健やかな毎日のためのお手伝い


by sennrioka

患者さんからの声 その2「先生、原因がわからないですけど」6回目(中編)

こんにちは、中本整骨鍼灸院の中本です(^v^)

いつも当院ブログにご来院いただきまして
「ありがとうございます」

いや~昨夜の台風、風がすごかったですね~002.gif
何とか、大阪からは離れていきましたが
皆様のご自宅周辺は大丈夫でしたか?

私も昨夜11時ごろ、
整骨院の立て看板が気になって
見に行きました。

幸い、何事もなかったのですが
今になって、考えてみると
昨夜の私のような行動が
事故につながったり、川にのまれたりして
命を落とすきっかけになるんだなと思いました。(反省(-_-;)

まだまだ台風や、ゲリラ豪雨は続きます
くれぐれも注意しましょう(@^^)/~~~

では、昨日の続きに入りましょう。


*********************************************
「先生、原因がわからないですけど」6回目(中編)

捻挫(ねんざ)ってクセになるのですか?



捻挫とは、
関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つ。
つまり、
いつも曲がっている、もしくは伸びている範囲以上に曲がったり伸ばされたときに
関節をつなぎとめている靭帯や関節の袋が壊れた状態のこと。


原因のハッキリしている捻挫ですが
たまに、「原因がわからない」という方がいます。

この問題を片付ける前に
チョッとだけ知っておいてほしことがあります。

捻挫で壊れるところは、関節を覆っている
関節をつなぎとめている靭帯です

身体のパーツは
治りやすいパーツから
治りにくいパーツがあります。

皮膚や粘膜などは比較的早く再生します。

逆に、
末端の神経などは再生に時間がかかり
脳細胞や関節軟骨などは再生することはありません。
(※最近はIPS細胞などを使って再生できるものもあります)

同じ筋肉の中でも
真中の赤身の部分(筋腹部)と
端っこの白身のスジの部分(腱)では
スジの部分のほうが再生が遅いです。

では、靭帯はどうでしょうか?
靭帯は筋肉に比べると再生は遅く
まるっきり元どおりになるのは
かなり難しいです!

なので、初期の治療(主に固定)が不十分だと
時間が経って痛みがなくなっただけで
ベストに近い状態に回復したわけではないのです!


捻挫には度合いがありまして

“プチ”とチョッとだけ裂けた状態

半分ぐらいまで裂けた状態

完全に切れてしまった状態


に分けられます。

チョッとだけ裂けた状態の捻挫でも
ちゃんと治しておかないと
次、捻挫したときは

半分に・・・

また捻挫すると

2/3に・・

つまりつながっている部分はあと1/3ということです!
そしてこれをくりかえしていると

完全に切れてしまいます(>_<)

つづく


*********************************************************
中本整骨鍼灸院からのお知らせ*********************************************************

中本整骨鍼灸院では

木曜、土曜日の午後に、
お1人1時間までの予約診療をしております。
鍼灸療法・整体療法・保険治療のいずれの科目でもOKです。

ゆっくり施術をしたい方
他の患者様のいない時に症状の話をされたい方
病院では落ち着いて症状の説明が出来なかった方

そんな方のための予約診療です是非!ご利用下さい。

時間/木曜 午後3時~7時30分
   /土曜 午後1時~4時

予約の方は
0120-075-907まで
[PR]
by sennrioka | 2011-07-20 20:17