健やかな毎日のためのお手伝い


by sennrioka

中本整骨鍼灸院の得意!?その3(前編)

「こんにちは」中本整骨鍼灸院の中本です

今回も、ご拝読いただきまして“ありがとうございます”

中本整骨鍼灸院の得意シリーズもいよいよ3回目になりました!

前回は
“自分の現時点での能力を把握すること”は大事で
そこがわかってないと、
「筋肉の疲労の限界を超えて、症状をだすのですよ」><;
と、いうお話でした。

「えっ!@@そんな話、知らない」という方は
少し前のブログを見ていただければありがたいです。

今回は、
2.負傷した原因の解明(前編)です
※今回は、チョッとだけ専門的な内容が出てきますが、
 よろしくお願いいたします。

マラソン大会に出場される場合、
それが、10kmでも、ハーフでもフルでも
必ず、練習すると思うのですが・・・

その際は、どうしても
筋肉疲労が発生します

この“筋肉疲労”っていったいどんな状態か考えたことがありますか?

「知るわけないじゃん!」と、突っ込まれそうですが
知らないより、知ってる方が絶対役に立ちます!!!!!

我々の筋肉は、
マラソンやそれ以外のスポーツだけでなく
どんな、ささいな使い方でも疲労の
仕組みというのは働いています。

では、その仕組みとは・・・

筋肉は関節を動かしたり、その姿勢を維持したりするために
“収縮”という作業をします
      ↓
この作業を連続して行うことで、
スポーツや、お仕事などができるわけなのです。
      ↓
この時に筋肉のエネルギーとなっているのが
糖質です!
(この糖質は血液の中だけでなく、いろんなところに形を変えて蓄えられています)
      ↓

この糖質が動脈血という血液の中に含まれていて筋肉に
運ばれ→使われて“収縮”が起こるわけです
      ↓
しかし、この糖質が燃える時に“乳酸”というものも一緒に
できてしまいます^^;
      ↓
この“乳酸”は筋肉の中ではあんまり必要のなものでないので
静脈やリンパ
という血管で体外に排泄されたり、体内でリサイクルされたりします。
      ↓
これが、血液循環です
これを、
車などのエンジンに例えますと

まず、ガソリンタンク(心臓)という燃料庫から
      ↓
バルブ(動脈)という管で運ばれて
      ↓
エンジン内(筋肉)のシリンダーの中に希釈して入り
ピストンで圧縮されて、さらにプラグで発火
そして、爆発→ピストンを動かしカムに伝えて
動力(運動)となり車は走り出すのです
      ↓
その時にエンジンからは動力以外に
熱(体温)、音(これは人間には無い)、
排気ガス(乳酸)が発生します
      ↓
それを、ラジエーター(発汗)や、マフラー(静脈・リンパ)で排出します
(女性にはチョッとわかりにくかったですかね・・・^^;スイマセン)



この、行程が順調に行われている時は
【筋肉を使うことによる疲労=回復力】の状態です

しかし、
筋肉を使いすぎると=(エネルギーをいっぱい使った)
【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態になります

また、いつもの使用量でも
何らかの理由で回復力が弱っていると=(静脈やリンパの働きが悪くなる)
やはり、【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態になります

すると、
本来は筋肉の中で蓄積されないはずの乳酸が
ドンドン溜まってゆきます。

ここで注目してほしいのは“乳酸”という漢字の
“酸”という字です!

人間の身体は、
皮膚や胃、腸などを除けば、弱アルカリ性なのです。
筋肉も弱アルカリ性の状態であるのがベストなのです!

【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態が続けば
乳酸という酸が溜まり続け“酸化”が始まるのです。

       
この状態こそが“筋肉疲労”なのです

筋肉疲労=酸化

さて、筋肉が酸化って言っても、
ピンとこないかもしれませんが
野菜なら腐る、鉄ならさびる
などと同じようなもの思っていただいていいでしょう
あんまり良くないですね^^;

人間の筋肉は酸化すると硬くなるのです
と同時に、もろくなるのです!

では、そんな状態で必要以上の運動や仕事をしたとしたら
どうなるでしょう・・・?
 (オ・・・・コワ)>m<;              つづく

注、乳酸は弱アルカリ性の筋肉の中で蓄積されるのは好ましくないのですが
  酸性の腸の中では好ましいものとされています。
  また、最近の研究では乳酸そのものが悪いのではなく、乳酸から発生する
  水素イオンが酸化の原因と書いている文献もあります。

またまた、長い文章になってしまいましたが
最後まで読んでいただきまして“ありがとうございます”

                          中本
[PR]
by sennrioka | 2008-10-03 22:49 | 知っていましたか?