人気ブログランキング |

健やかな毎日のためのお手伝い


by sennrioka

カテゴリ:知っていましたか?( 20 )

疲れと痛み~その9~

「こんにちは!中本整骨鍼灸院の中本です(^v^)」

いつも当院ブログにご来院いただきまして


“ありがとうございます”



大阪では
一番寒い時期というのが
今ぐらいということですが

私自身、そんなに寒いとは思いませんが
このブログをご覧になって頂いている
皆様はいかがですか?


前回、前々回と
私のトレーニング方法についての
お問い合わせが多くなってきましたので
一部ですがご紹介させていただきます。

基本的に五つの項目に分かれています

1.目標タイムに沿った練習量と計画

2.二種類のストレッチ

3.休息計画

4.疲労回復&身体作りのための食事

5.走っている間のオーディオブックと音楽選び

です。

今回は2種類のストレッチについてご紹介いたします

1日に行う回数は3回です
ジョギング前と後、そしてお風呂上りです。

ストレッチは皆さんが知っている一般的なストレッチと

もう一つは
筋膜リリースという特別なストレッチを併用しています

筋膜という筋肉やじん帯の外側にある膜
もっとわかりやすくいえば、筋肉を包んでいる
袋(膜)をストレッチしています。

この筋膜のストレッチは
通常のストレッチより一箇所のかける時間が長く
一方向に対して90秒以上かけるのが
基本になっています。

そのため、走っている時の“癖”によって生じた
“疲労の多い部分をのみ”をやるようにしています。
(とはいっても、たくさんあります(^_^;)

少し、前書きが長くなってしまいましたが

そろそろ、テーマの方に入って行きましょう!


*********************************
疲れと痛み~その9~
「こんな方いませんか?」

**********************************
前回までは、

家庭内での“ガマン”

ありふれたガマンであり

家族であるがゆえに、離脱することが難しく

大問題でなければ、
解決は後回しにする傾向がある。

でした。


今回は少しリアルな例をあげて説明いたします。


このお話は、戦前戦後のお話です。

A子さんは、旧家のお嬢様で24歳で結婚するまで
病気などには、ほとんど縁が無く健康的な女性でした。

田舎とはいえ、裕福な家で育ったので食べ物や生活は
周囲の人たちと比べると苦労なく生きてきました。

そんなA子さんの元に一人の青年が交際を求めてきましたが、

その青年というのは、街の不良が大人になったような人で
A子さんにとっては、あまりふさわしくない男性でした。

しかし、A子さんは自分の周りにはいないタイプのその青年に惹かれ
両親の反対を押し切って結婚します。

結婚して何年かは、当たり前のように働き、所帯は貧しいながらも
安定していました。
A子さんは4人の子供をもうけましたが、そんな時に太平洋戦争が始まります。

ご主人も、戦争が終わりに近づいた時に召集されてしまいます。

ただ残念なことに、彼はシベリヤに捕虜として抑留され、戦争が終わっても
なかなか、家に帰ることができませんでした。

A子さんと、4人の子供たちの元に帰ってきたのは、終戦から3年がたっていました。

彼は、精神と身体に大きな傷を負って帰ってきたのです。

帰って数年は、静養のために自宅にこもりがちだったのですが
身体が自由になり始めても仕事につかず、お酒を飲んでは家で寝ている
毎日でした。(今でいうニートみたいな物ですね)

A子さんも、A子さんの実家も、彼に「身体が良くなったのなら働きなさい!」と
彼に言い続けたのですが、一向に応じようとしません。そればかりか余計にお酒を飲んでは
A子さんに当り散らします。

その頃から、今まで健康に生きてきたA子さんに“変化”が現れてきました。

戦争で一人で家庭を守っていた時も、戦後の食べる物に困った時も常に健康でいた
はずの彼女に、少しずつ“わけのわからない病気”が始まってきました。

                        つづく

*********************************************************
中本整骨鍼灸院からのお知らせ
*********************************************************

中本整骨鍼では

木曜、土曜日の午後に、
お1人1時間までの予約診療をしております。
鍼灸療法・整体療法・保険治療のいずれの科目でもOKです。

ゆっくり施術をしたい方
他の患者様のいない時に症状の話をされたい方
病院では落ち着いて症状の説明が出来なかった方

そんな方のための予約診療です是非!ご利用下さい。

時間/木曜 午後3時~7時30分
   /土曜 午後1時~4時

予約の方は
0120-075-907まで
by sennrioka | 2010-02-20 17:34 | 知っていましたか?
前回までのおさらい、

私達の身体は、
魂と身体の全てのパーツの集合体で出来ている。

私たちは空気(適度な酸素)が無いと生きてゆけない。

私たちは安全な水が無いと生きてゆけない。

そして、
かたよりの少ない“栄養”が毎日必要!


でした。

◇パーツだって同じこと


私たちは
息が出来なかったり

水が飲めなかったり

食事が出来なくなると

苦しくて、辛くて、もがいて、助けを求めます。

そして、
3つのうちどれか一つでも完全に途絶えると
生きていくことが出来なくなります。

同じことは身体の【パーツ】でもいえるのです。

酸素・水分・栄養は鼻や口から取り入れ
血液の中に入っています。

その血液が手や足に届かなくなると

酸欠状態・水分不足・栄養失調となります。

もっと細かく言いますと
筋肉や骨、神経や皮膚、脳や内臓は
酸欠状態・水分不足・栄養失調となるのです。

手や足には口はついていませんので、
「お腹すいたよ~」とか
「苦しいよ~」とかは言いません。

その代わりに
【ダルミ】や【痛み】、【シビレ】などで訴えるのです。

◇あなたとパーツは一心同体
もし、あなたが疲れてたり、疲れから病気になったらどうしますか?

ゆっくり休んで、しっかり栄養のあるものを食べて
回復を待つのじゃありませんか。

【疲れの元】(乳酸)がたっぷり溜まった
手や足、腰や肩も同じです

十分な休養と、新鮮な血液を循環することで
回復していきます。

しかし、十分な休養も与えず血の巡りも悪いままだったら
当然、【ダルミ】や【痛み】、【シビレ】などで訴えます。

その状態が、腰痛であったり肩コリなわけです。
(腱鞘炎も神経痛も部分的に同じ理由です)

では、
その状態を作っているのは“誰”でしょう?

それは、“あなた”自身です!

◇具体的には

血液がドロドロしていては血流は悪くなります。
これは、血液の中の水分量が足りなくてドロドロしているのです
気分で飲む水は一日に必要な水分(成人で1.5~2ℓ)には足りません!

適度な運動を怠ると十分な酸素が取り込めません!

偏った食生活をしていると、血液の中の栄養も偏ります!

暑いからと言って、毎日シャワーばかりだと、身体の隅々まで
血液は巡りません!

あなたの気分で水や酸素や食事を摂るのではなく
あなたを作っている【パーツ】の声もしっかり聴いて

適度な酸素、安全な水、かたよりの少ない“栄養”を
摂るよう心がけてください。


◇おすすめ4点セット

1.週に3回は用事や仕事以外で何も持たずに1時間歩きましょう!
 【十分な酸素が取り込めますよ】

2.お水(出来たらミネラルウォータ)を一日1.5ℓ以上飲みましょう!
 【特別なサプリメントを飲まなくても血液がサラサラになりますよ】

3.朝食は必ず食べて、週に3食以上は和食にしましょう!
 【和食は、バランスの取れた食事の代表です】

4.一日の終わりは、お風呂にゆっくっり入って、汚れだけでなく
  疲れも落としましょう!
 【たまに、温泉や町の銭湯もいいですよ(^_^)v】


当院では、そんな皆様のために情報の提供と施術にて
血行の促進と、疲労回復のお手伝いをさせていただいております。

長らく続きました、もし・・・シリーズでしたが今回で最終回とさせていただきます。
最後まで読んでいただいた方
「ありがとうございますm(__)m」



疲労からの腰痛、肩コリのことなら
0120-075-907
中本整骨鍼まで
by sennrioka | 2009-08-20 20:24 | 知っていましたか?

もし・・・その5

前回までのおさらい、

私達の身体は、
魂と身体の全てのパーツの集合体で出来ている。

私たちは空気(適度な酸素)が無いと生きてゆけない。

さらに、
私たちは安全な水が無いと生きてゆけない。

でした。



今回のもし・・・は、

もし、あなたに
「2日間断食しなさい!」と、私が命令したら、

あなたは・・・

YESですか、それともNOですか?

ただし、食料以外の【安全な水】も【適度な酸素の含まれた空気】も
呑み放題、吸い放題です。


YESと答えてくれた方、「ありがとうございます」
あなたは、とても素直で、やさしい方ですね(*^_^*)

でも、普通は“NO”と答える方が多いはずです。

では、“NO”と答えた方は、
どうして、“NO”と答えたのでしょうか?

私に信用がないから・・・

もしくは、命令されるのが嫌いだから・・・

確かに、そうかもしれません

でも、もっと根本的な理由は
「お腹がすくのをガマンするのがイヤだから!」<(`^´)>

です。

いくら空気や水がたくさんあっても、
それだけじゃ、お腹はいっぱいにはなりません。
(なんか、インディージョーンズ最後の聖戦で似たようなエピソードあったかな・・・)


もし、“YES”と答えた方でも
2日間の断食なら、まだ耐えられるかもしれません

しかし

1週間

10日間

いや・・・1ヶ月と
食事をしなければ・・・
私たちは餓死してします(ToT)/~~~

当たり前の話ですよね~

私たちは、【安全な水】や【適度な酸素の含まれた空気】と
同じ様に食べないと生きてゆけないのです!

これを、食事=栄養と考えると
かたよりの少ない“栄養”が毎日必要なのです!

もし・・・最終回につづく

中本整骨鍼灸院からの、お知らせ


8月14日(金)・15日(土)・16日(日)
はお盆休みとさせていただきます。

また、8月8日(土)・22日(土)の
午後からの予約診療はお休みいたします。

お問い合わせは
0120-075-907
中本整骨鍼まで
by sennrioka | 2009-08-07 00:29 | 知っていましたか?

もし・・・その1

「こんにちは」

中本整骨鍼灸院の中本です!

いつもブログを読んでいただき「ありがとうございます」^^

今回は私が、治療中にしている話の内容を書かせていただきます。


【あなたの身体はどこまで?】
もし私が、あなたの右の肩を指差して、

「これは、“あなた”ですか?」と
尋ねたら、まず間違いなく

「ハイ、そうです」もしくは、「ハイ、私の肩です」と
答えると思います。

これは、頭であっても足であっても同じことだと思います。

では、あなたが“爪”を切ったとします、

その切った“爪の残骸”に向けて指差し
「それは、あなたですか?」
尋ねたら、あなたならどう答えますか?

                 つづく
by sennrioka | 2009-07-15 13:02 | 知っていましたか?

春なのに・・・!?

「こんにちは!」
中本整骨鍼灸院の中本です。

も満開になり、いよいよ春本番ですが
皆さん、花見には行かれましたか?

私の住んでいる界隈でも、めいっぱい咲いてとてもキレイです!(^o ^)v

ところがこの時期、こんな質問が多くなるのです・・・

******************************

「病院では特に異常ないといわれたのですが、
このところ 頭が“ボー”っとして
身体が“ダルイ”のです!
何か良い方法はありませんか?」

******************************

4月はレジャーに仕事にと何かと忙しく、
本来は活動的な季節だと思うのですが
なんだか身体がダルイという方多いのではないでしょうか?

春は肝臓の働きが活発になって、
冬に身体の中に溜め込んでいた余分な脂肪や水分を
外に出そうとする力が高まります。
でも身体が硬く冷えきって血行が悪い状態だと、
それらをうまく排泄をすることができません。

こんな身体の中が老廃物でよどんでしまっている状態だと、
身体がだるい、重い、眠い、気力がわかない・・・などなどいろんな症状が出てきてしまいます。

季節の変わり目、春先のこの時期は寒さで
固まったカラダをほぐし、血行をよくしてあげることが大事なのです。


血行をよくするには、流れが滞っている大元からほぐしてあげることが大切なポイント。

予防法としては、
肝臓に負担をかけてしまう油物は控えて、ごはん、味噌汁、煮物などで少食、粗食にすることです。
高たんぱく、高脂肪、高糖分のものを控えるだけで、肝臓の浄化作用は回復していきます。

当院では、
内臓の疲れを和らげる温灸と、
血行促進のためのマッサージ+ストレッチにて施術いたしております。


必要かな・・・っと思われた方は是非、ご来院下さい!

ご予約、ご相談は
0120-075-907
中本整骨鍼まで
by sennrioka | 2009-04-10 21:12 | 知っていましたか?

疲れの種類~その2~

皆さん「こんにちは!」

中本整骨鍼灸院の中本です。

いつも、ブログ「院長のひとり言」を 読んでいただきまして
“ありがとうございます”

【前回のおさらい】
疲労には中枢性疲労(脳の疲れ)と末梢性疲労(脳以外の疲れ)があり
それぞれ治療方法もチョッと違うという話でした。


疲れの種類~その2~

病的疲労
疲れの中には、危険な疲れも存在します。
癌・エイズなど誰でも知っている病気や、
うつ病や不眠症などの精神疾患などが原因で
疲れの症状を出すもの。

生理的疲労
お仕事や、レジャー、運動などで筋肉を使いすぎたもの
病気以外の疲れのことです。

生理的疲労の場合は、3日もすれば回復に向かうのですが、
病的疲労の場合はそうはいきません、何週間だったり何ヶ月だったり
病気の種類によっては何年という患者さんもいると思います。

食欲が極端に落ちたり、吐き気やめまいを伴う時は、
一度、病院で診てもらうことをオススメします。


最近 私が感じるのは、
生理的と病的の混合型が非常に増えているのでは・・・!?
ということです。

癌やエイズは別として、
うつ病や不眠症の方で病的疲労を持っているにもかかわらず、
仕事や育児などに追われ、さらに生理的疲労を溜めている方が
急激に増えているように感じられます。

このブログを読んで、
“あっ!もしかして!!?”
と、思った方は一度 病院での診察を受けてください!
※市民検診などが まだの方は、是非!受けるようにしてください
また、ご家族の方で思い当たる方がいれば教えてあげてください。

その後、病気がある無しに関わらず
疲労緩和の必要のある方は、私たち治療家に相談してください
私たちが、疲労緩和のお手伝いをさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして「ありがとうございます」

                                中本
当院での治療のお申し込み、ご相談は

フリーダイヤル0120-075-907

中本整骨鍼まで
by sennrioka | 2009-03-14 15:32 | 知っていましたか?

疲れの種類

「こんにちは」
中本整骨鍼灸院の中本です!

いつもブログを読んでいただきまして
“ありがとうございます”

今回は“疲れの種類”についてのお話です。

疲れたとき、皆さんはどんな言葉を使ってますか?

あーしんど~

グッタリ

疲れた~

へとへと

などなど・・・・・・・・・・・

いろんな表現がありますが

私の院では患者さんのお話を聞いて
2種類に分けています。

一つは
運動や肉体労働などで筋肉を使い過ぎて
おこる疲れ。
これを末梢性の疲労といいます

もう一つは
ストレスや精神的な緊張などが原因で
おこる疲れ。

例えば
友人の結婚式の司会を頼まれて
式が終わってから一気に疲れが出る
な~んてヤツです

これは、中枢性の疲労といいます。
あと、受験勉強や、不眠症なんかもそうですね。

つまり、
中枢性疲労は頭(脳)の疲れ

末梢性疲労はそれ以外の疲れです


ここを見分けないと、治療の効果は半減します!

ストレスによる疲れなのに筋肉へのマッサージだけで治療しますと
確かに気持ちはいいのですが
その時だけになり・・・
   ↓
おうちに帰る頃には・・・
   ↓
また、もとの状態に戻ってしまいます。

そうならないためには、プラスαの治療、

中枢性(脳)の疲労に対する
アプローチが不可欠になります!


それって、どんな方法・・・・・(ご来院してお確かめください^^)

まずは、患者さんの言葉や表情などで
どこの疲れかを見極める必要があります。


          “疲れの種類”もう少し続けます・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まとめ

疲れには中枢性(頭)と末梢性(頭意外)の2種類がある

また、それぞれは治療の方法も、チョッとチガウ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきまして
「ありがとうございます」
        
                   中本

当院での治療のお申し込み、ご相談は

フリーダイヤル0120-075-907

中本整骨鍼まで
by sennrioka | 2009-01-30 22:26 | 知っていましたか?

ぎっくり腰には!その2

「こんにちは」
中本整骨鍼灸院の中本です!

いつもブログを読んでいただきまして
“ありがとうございます”

前回までのおさらい

1月中旬のぎっくり腰の患者さんには
二つの共通点がある

1.原因が些細なことが多い

2.ぎっくり腰に至まで
  何も腰に負担をかけるようなことを
  “やってない”

でした。


世の中には、大変研究熱心な方がいまして

こんな実験をやった方がいます。

腰痛や、坐骨神経痛などが現在まったく心配ない方に集まってもらって

さらに、
お医者さんにレントゲンなどで腰に異常がないことを
確認してから
2週間にわたって実験したそうです

A.ホテルにて2週間ベットで“ぐ~たら”してもらったグループ
※ようは腰の筋肉にに、まったく負担をかけさせない状態

B.ホテルで2日間ベットで“ぐ~たら”してもらい、
 残りの12日は自宅に帰り日常の生活に戻ってもらったグループ

C.日常生活をいつもどうり2週間過ごしたグループ

B・Cのグループからは腰痛訴えた方がいなかったのに対して

Aのグループからは2割の方が腰に痛みを訴えたそうです。

このことから、人間の体はある程度の運動(日常生活を含む)をしないと
筋肉のコンディションは悪くなるということです。


また、治療にも同じことが言えるのです

腰が痛くなったときに、一般的に
“安静にするのが一番”と思っている方が多いのではないでしょうか?

これは、
痛くて動けない(>v<)と、いう方と

動かすと悪化しそうで恐い、という方

風邪やお腹痛と、同じで安静にしているほうが治りややすい、
と思っている方

ではないでしょうか。

しかし、
こんな実験結果があります

腰痛患者さんに
A.4日以上の安静を処方されたグループと

B.保存療法(運動療法、患者教育、整体治療など)が処方されたグループを

比較した無作為対象試験の結果
安静にしていたAのグループの方が
正常な日常生活に戻るまでに時間がかかったといいます。
さらに、
安静治療を2日間と7日間のグループに分けた結果
2日間のグループの方が早く職場復帰が出来たそうです。
(参考 「腰痛は怒りである」 長谷川淳史)

治療においても安静はよくないとの事です。


では、
私が推薦する長期休日の過ごし方は

それは、“散歩です”

散歩は自分のペースで出来ますし、腰や肩の血行もよくなります。

お子さんと、住み慣れた“我が街”を散策するのもよし

たまには奥さんと近くのスーパーまで、歩いて買い物に行くのも
よいのではないでしょうか。

ちなみに、夏はサイクリングもいいですよ(^v^)

少し長くなってしまいましたが
最後までお読みいただきまして
「ありがとうございます」          中本

腰痛でお困りの方は

中本整骨鍼

0120-075-907

まで、お問い合わせください
by sennrioka | 2009-01-26 22:10 | 知っていましたか?
「こんにちは」中本整骨鍼灸院の中本です。

いつも、お読みいただきまして“ありがとうございます。



「千里丘の市民ランナーの皆様!」

今日も元気に“走ってますか!!!!!?”

12月に入っていよいよマラソンシーズン本番ですね、

私、中本も
11月の大阪淀川市民マラソンから始まって
1月の高槻
3月の丹波笹山と予定が入っています。
(残念ながら東京マラソンは落選しました><;)

ところで皆さん、
週のうち何回ぐらい休みを取ってますか?

もちろん、仕事の休みではなく
筋肉の休みのことです。

私たちの筋肉は鍛えれば鍛えるほど
“強く”なっていくのですが、

“効率”よく強化するには
実は、休みの取り方が大事なのです!

筋肉の場合
休み=回復期のことです

回復期とは・・・

簡単にいえば、
筋肉の中の疲労物質(乳酸)の“取り除き”の期間と

筋肉の痛んだ部分(筋繊維)の“補修”の期間です。


どれぐらいの、【休み=回復期】が必要なのかといえば、
人によって様々です。

年齢、
継続年数、
一回のトレーニング量、
その日のコンディション、
レース本番までの日数、

などによっても変わってきます。

(番外で、奥様と、お子さんの視線にも気を配らないといけませんね^^;)

一般的に、高年齢の方と継続年数が少ない方は、
休みを多く取るほうがいいですね。
出来れば、48時間(まる2日)は休むことをお勧めいたします。

筋肉は疲れたまま、もしくは筋肉が痛んだまま、
トレーニングを続けるより、
いったん回復させてからトレーニングをした方が
“強くなるのです”
ただし、休みすぎますとせっかく“たくましく回復している”のに
また筋力が弱っていきます。

例1、JOG→休み→軽い散歩→JOG

例2、ウインドスプリント→軽い散歩→休み→JOG

例3、長距離走→休み→軽い散歩→JOG

ここで注意!
ただ何もせず休むのではなく、
ストッレッチをしたり、
翌日もしくは、JOG再開の前日は軽い散歩をして
筋肉内の“血行をよくする休み”にした方がいいでしょう。

継続年数が多くなってきますと

トレーニングの量を増やしたり、
少しずつ休みの期間を短くしたり、
走らない時でも補強運動(上半身や腹筋)を取り入れたりして
ドンドン、理想のランナーになっていくのです。

それでも、社会人ランナー(もちろんアマチュアランナー)の場合は
週に2日ぐらいの休みを入れたほうが良いと私は考えています。

まだまだ、シーズンは序盤です
目標の記録に向かって
お互いに頑張りましょう!


今回も
最後まで読んでいただきまして、
“ありがとうございます”                  中本

     


   
   
  
    
     

c0176536_22251665.jpg
by sennrioka | 2008-12-12 22:15 | 知っていましたか?
「こんにちは」中本整骨鍼灸院の中本です

今回も、ご拝読いただきまして“ありがとうございます”

中本整骨鍼灸院の得意シリーズもいよいよ3回目になりました!

前回は
“自分の現時点での能力を把握すること”は大事で
そこがわかってないと、
「筋肉の疲労の限界を超えて、症状をだすのですよ」><;
と、いうお話でした。

「えっ!@@そんな話、知らない」という方は
少し前のブログを見ていただければありがたいです。

今回は、
2.負傷した原因の解明(前編)です
※今回は、チョッとだけ専門的な内容が出てきますが、
 よろしくお願いいたします。

マラソン大会に出場される場合、
それが、10kmでも、ハーフでもフルでも
必ず、練習すると思うのですが・・・

その際は、どうしても
筋肉疲労が発生します

この“筋肉疲労”っていったいどんな状態か考えたことがありますか?

「知るわけないじゃん!」と、突っ込まれそうですが
知らないより、知ってる方が絶対役に立ちます!!!!!

我々の筋肉は、
マラソンやそれ以外のスポーツだけでなく
どんな、ささいな使い方でも疲労の
仕組みというのは働いています。

では、その仕組みとは・・・

筋肉は関節を動かしたり、その姿勢を維持したりするために
“収縮”という作業をします
      ↓
この作業を連続して行うことで、
スポーツや、お仕事などができるわけなのです。
      ↓
この時に筋肉のエネルギーとなっているのが
糖質です!
(この糖質は血液の中だけでなく、いろんなところに形を変えて蓄えられています)
      ↓

この糖質が動脈血という血液の中に含まれていて筋肉に
運ばれ→使われて“収縮”が起こるわけです
      ↓
しかし、この糖質が燃える時に“乳酸”というものも一緒に
できてしまいます^^;
      ↓
この“乳酸”は筋肉の中ではあんまり必要のなものでないので
静脈やリンパ
という血管で体外に排泄されたり、体内でリサイクルされたりします。
      ↓
これが、血液循環です
これを、
車などのエンジンに例えますと

まず、ガソリンタンク(心臓)という燃料庫から
      ↓
バルブ(動脈)という管で運ばれて
      ↓
エンジン内(筋肉)のシリンダーの中に希釈して入り
ピストンで圧縮されて、さらにプラグで発火
そして、爆発→ピストンを動かしカムに伝えて
動力(運動)となり車は走り出すのです
      ↓
その時にエンジンからは動力以外に
熱(体温)、音(これは人間には無い)、
排気ガス(乳酸)が発生します
      ↓
それを、ラジエーター(発汗)や、マフラー(静脈・リンパ)で排出します
(女性にはチョッとわかりにくかったですかね・・・^^;スイマセン)



この、行程が順調に行われている時は
【筋肉を使うことによる疲労=回復力】の状態です

しかし、
筋肉を使いすぎると=(エネルギーをいっぱい使った)
【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態になります

また、いつもの使用量でも
何らかの理由で回復力が弱っていると=(静脈やリンパの働きが悪くなる)
やはり、【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態になります

すると、
本来は筋肉の中で蓄積されないはずの乳酸が
ドンドン溜まってゆきます。

ここで注目してほしいのは“乳酸”という漢字の
“酸”という字です!

人間の身体は、
皮膚や胃、腸などを除けば、弱アルカリ性なのです。
筋肉も弱アルカリ性の状態であるのがベストなのです!

【筋肉を使うことによる疲労>回復力】の状態が続けば
乳酸という酸が溜まり続け“酸化”が始まるのです。

       
この状態こそが“筋肉疲労”なのです

筋肉疲労=酸化

さて、筋肉が酸化って言っても、
ピンとこないかもしれませんが
野菜なら腐る、鉄ならさびる
などと同じようなもの思っていただいていいでしょう
あんまり良くないですね^^;

人間の筋肉は酸化すると硬くなるのです
と同時に、もろくなるのです!

では、そんな状態で必要以上の運動や仕事をしたとしたら
どうなるでしょう・・・?
 (オ・・・・コワ)>m<;              つづく

注、乳酸は弱アルカリ性の筋肉の中で蓄積されるのは好ましくないのですが
  酸性の腸の中では好ましいものとされています。
  また、最近の研究では乳酸そのものが悪いのではなく、乳酸から発生する
  水素イオンが酸化の原因と書いている文献もあります。

またまた、長い文章になってしまいましたが
最後まで読んでいただきまして“ありがとうございます”

                          中本
by sennrioka | 2008-10-03 22:49 | 知っていましたか?